2007年12月28日

ごぶごぶ

みなさま、ごぶさたでーす。

もうご存知の方もいらっしゃいますが、ちとバタバタしておりまして。

まあ、みほこと付き合いの長い方は、数ヶ月更新がなかったくらいなら、いつものことだとたいして気にしてないわな。


何があったかというと…

あ、ココロさんが何か言いたそうです。

071228-1.jpg
「え、えとね。」

071228-2.jpg
「へぶしっっ。」

クシャミかい。



気を取り直して。

071228-15.jpg
「あのね。」

071228-13.jpg
「おとーさんが、帰ってこないの。」

「いきなりやってきた男の人たちに、連れてかれちゃったの。」

071228-14.jpg
「こんな感じだったの。」

「毎日玄関で朝まで待ってみたけど、帰ってこないの。」



そんなわけで、
今おとーさんがいない我が家でございます。

実は、1ヶ月半ほど前から、おとーさんは、入院しています。
↑の突然やってきた男の人たちというのは、救急隊の方々です。
2階のベッドに寝ていたんだけど、
なるべく揺らさないように運んだ方がよいということで
さらにレスキュー隊(消防車)まで来ちゃいました。
まだわんこ散歩の人たちも歩いてない早朝でよかった。

で、検査結果は、「くも膜下出血」。

細かく書くと、書ききれないのでカットしますが、かなり危険な状態で
その日の夜中に手術、そのまま入院ということになりました。

いきなりおとーさんが連れてかれた上、初めてのお留守番、しかも長時間。
病院から家が近いので、おばーちゃんが行ったり来たりしてくれたけど
ココロは大混乱だっただろうと思います。

おとーさんは、8時間を越える大手術の後、
集中治療室で2週間半、
全く起き上がってはいけない状況で過ごし、
ココロも毎日お留守番をがんばって、
しょっちゅう「おとーさんまだ帰ってこないのかなー」と
玄関で待っていました。
(私は2階で寝たのでわからないんだけど、
 1階で寝てるおばーちゃんによると、布団に朝入ってくると
 体が冷たーくなっていたらしいので、夜中も待ってたらしい)


今は、おとーさんはリハビリ、リハビリの毎日ですが、
少しずつ回復しています。

私も意外と元気なのです。

なーんとなくだけど、ココロはこのために今年の頭に
我が家にやってきてくれたんじゃないかなーとか思ったりしています。
もし、ココロがいなかったら、私はこんなにがんばれていなかったかも。
守るべき存在がいる強さを、生まれて初めて感じています。
毎日の散歩で体力的にもかなり鍛えられたしね。
(今年風邪で寝込むことがなかったー)

毎日良くなったり、危なくなったりしてた集中治療室にいた頃と違って
今はホッとしているので、そういう空気がココロにも伝わっているんだろうね。
ココロも、最近は落ち着いています。

ご近所で唯一事情を話していたミクロンさんは
ロッキーを連れて遊びにきてくれたり

071228-6.jpg
ガムを豪快に噛むロッキーをじっと見つめるココロ
(この後ロッキーはガムを飲み込んじゃって、喉につまらせて、大変だった)

こちらが遊びに行ったり

071228-7.jpg
ドッグカフェに一緒に行ったり

071228-8.jpg
ロッキーで遊んだりの耳を保護するスヌードを考えたり

とてもありがたかったです。

071228-17.jpg
大きさも気質も毛質も(笑)全然違うけど
会う度に必ず「感動の再会」をやる仲良しな2匹なのです。
ロッキーはよく私のひざの上に来てくれるので、ウレシイ。


ココロは

071228-9.jpg
どっちかっていうとトナカイなのに、サンタチックな格好させられたり

071228-10.jpg
新しいおもちゃもらったり

071228-18.jpg
おやつもらったりしながら、
日々を過ごしています。

071228-11.jpg
でもおとーさんと早く一緒に遊びたいねー。
posted by みほこ at 21:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。